• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Viva La Vida/Coldplay。。

COLDPLAYの『Viva la Vida 』という曲を最近聴いたんですが、名曲です

英語の歌詞なので、初めは意味が分からなかったんですけど、

その歌の深さや重みが伝わってきた気がしました。


良かったら聞いてみてください




一応、歌の歌詞の和訳とその意味も調べてみました。

【歌詞】
I used to rule the world
Seas would rise when I gave the word
Now in the morning I sleep alone
Sweep the streets I used to own

I used to roll the dice
Feel the fear in my enemy's eyes
Listen as the crowd would sing
"Now the old king is dead, long live the king"

One minute I held the key
Next the walls were closed on me
And I discovered that my castles stand
Upon pillars of salt and pillars of sand

I hear Jerusalem bells a-ringing
Roman cavalry choirs are singing
Be my mirror, my sword and shield
My missionaries in a foreign field
For some reason I can't explain
Once you'd gone there was never
Never an honest word
That was when I ruled the world

It was a wicked and wild wind
Blew down the doors to let me in
Shattered windows and the sound of drums
People couldn't believe what I'd become

Revolutionaries wait
For my head on a silver plate
Just a puppet on a lonely string
Oh, who would ever want to be king?

I hear Jerusalem bells a-ringing
Roman cavalry choirs are singing
Be my mirror, my sword and shield
My missionaries in a foreign field
For some reason I can't explain
I know St. Peter won't call my name
Never an honest word
But that was when I ruled the world

Ohh...

Hear Jerusalem bells a-ringing
Roman cavalry choirs are singing
Be my mirror, my sword and shield
My missionaries in a foreign field
For some reason I can't explain
I know St. Peter won't call my name
Never an honest word
But that was when I ruled the world

Ooh...



<和訳>
かつては世界を支配していた
僕が言葉を発すれば海面は上がった
今では朝、僕は独りで眠る
かっては自分のものであった道を掃いてまわる

かっては僕がダイスを転がしていた
敵の目に恐怖を感じた
群集が歌うのを聞いた
「今、年老いた王は死ぬ!王が長らえますように!」

一時は僕は鍵を握っていた
すぐに壁が迫ってきていた
そして気づいた、自分の城は
塩の柱と砂の柱の上に立っていることに

エルサレムの鐘が鳴っているのを聴く
ローマの騎兵聖歌隊が歌っている
僕の鏡、剣、盾、
僕の外地の宣教師になれ
ある理由で僕は説明できない
君が行ってしまってから全く、全く正直な言葉が出なかった
それは僕が世界を支配していた頃だった

ひどく激しい風だった
ドアを吹き倒して僕を入れた
粉々に割れた窓、そして太鼓の音
人々はこんな僕を信じることができなかった

革命家たちは皆待っている
銀の皿の上にのった僕の頭を
単なる孤独な紐に吊るされた操り人形
あぁ、誰が王になんかになりたいんだ?

エルサレムの鐘が鳴っているのを聴く
ローマの騎兵聖歌隊が歌っている
僕の鏡、剣、盾、
僕の外地の宣教師になれ
ある理由で僕は説明できない
僕は知っている、聖ペテロが自分の名を呼ばないことを
決して正直な言葉などないことを
しかしそれは僕が世界を支配していた頃だった

エルサレムの鐘が鳴っているのを
ローマの騎兵聖歌隊が歌っているのを聴け
僕の鏡、剣、盾、
僕の外地の宣教師になれ
ある理由で僕は説明できない
僕は知っている、聖ペテロが自分の名を呼ばないことを
決して正直な言葉などないことを
しかしそれは僕が世界を支配していた頃だった




意味は多くの人が予想で書いていたんですが、

バラバラで、

結局は哲学的なものか、誰か歴史上の人物を背景に

想像を絡ませた歌詞のようです。


終わりぃ。。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

taku taku

Author:taku taku
座右の銘

為せば成る為さねば成らぬ何事も
成らぬは人の為さぬなりけり。

努力は才能である。

望みは空より高くあれ。

有言不実行。

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
占いブログパーツ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。